7月中旬の連休に京都旅行へ行ってきました。昨年に引続き日本三大祭の一つ、祇園祭が第一の目的です。今回は天気も良さそうなので良い画が撮れそうで楽しみです。
 祇園祭は約1ヶ月程続くお祭りで、その間に様々な行事がありますが、その中でも一番有名なのが山鉾巡行です。現在は2週に分けて前祭、後祭を開催するようになっています。そして巡行と共に楽しみなのが宵山と呼ばれる前夜祭でしょうか。夕方になると各町の山鉾にたくさんの提灯をつけて、家のお守りになる粽を売る素敵な行事です。各町では、古くから伝わる家の宝を公開する屏風祭も開かれて、一層とお祭りの雰囲気が高まります。
 今年は例年にも増して猛暑なので、夜になってもあまり涼しくはありませんでしたが、夜風に揺れる提灯を眺め、コンチキチンのお囃子を聞くと、今回も京都に来ることが出来た幸せを感じます。