アンティーク通りを抜けそのまま梨泰院駅方面へ行こうかと思ったのですが、地図を見ていて突然行きたいところを思い出しました。
20160906_135721
 それは以前にも前まで行ったことのあるイスラム教中央聖院です。地図を頼りにアンティーク通りから路地に入り最短ルートで歩いていくと... 蜘蛛の巣のように張り巡らされた電線の向こうに独特な形をしたイスラムモスクが見えてきましたよ!
0be4a202

20160906_140008

20160906_135953
 入口には中へ入るときの注意事項が掲示してあります。出入口の指示や服装に付いての記載があって、イラストの様な服装の場合は事務室に行って肌を隠すような衣裳を貸してもらえるようです。
20160906_135935
 入口付近の壁面タイルがとても美しいですね~
20160906_135925

20160906_135915

20160906_140020
 以前に来た時には入って良いのかわからなかったのでここで断念しましたが、今回は事前調査で大丈夫だとわかっているので楽しみです。さあ、この階段を上りますよ!
20160906_140111
 階段を上ってすぐに見えてきたのは柱部分のアーチ、綺麗な模様の壁面、そして2つの塔がそびえています。韓国からいきなり中東へワープした感じです!
20160906_140708
 モスクを正面から見ると立派な作りですね~ 緑の大きな文字は「神は偉大なり」と書かれているそうです。
20160906_143927
 礼拝堂は2階と3階にあり、2階は男性専用、3階は女性専用です。
20160906_142054
 神聖な場所なのでどこまで入って見学できるのかわからないので取りあえず男性礼拝所へ続く階段を少しずつ上りながら様子見をしていました。この時は訪れる信者の方も少ないのでゆっくりと外周の装飾などをみていたのですが、階段を一番上のモスク入口まで行った時に礼拝を終えた信者の方から声を掛けられました。
 ちょっとドキッとしたのですが、私がモスクの中の礼拝所を覗きこんでいるのをみて中に入ってもいいよと言ってくれました。ただし、靴下まで脱いで裸足で入るようにと教えて頂きました。まさか入れるとは思っていなかったので嬉しいですね! 言われた通りに靴下を脱いでそーっと入ってみると礼拝所には数人の信者の方しか居ません。入ってすぐのところにはロープが張ってありましたので、そこまでは大丈夫そうだと判断して前に進みます。熱心に礼拝をしている信者の方がいるところで写真はいけないと思い、内部の装飾をじっくりと眺めていましたが、しばらくしてその方も退出されて運よく私一人になる時間が少しだけあり、今がチャンスと思いモスク内部の写真を数枚撮影、こんな機会はなかなか無いと思うのでとっても貴重な時間でしたよ。入り方を教えてくれた信者の方に心で感謝しながら次の目的地へ向うために大きなモスクを後にしました。