最初の目的地へ向かうために地下鉄2号線に乗りました、着いたのは弘大入口駅です。駅から徒歩15分くらいで今日最初のロケ地に到着しました。
 ここには何度も来ていますが妻が初めてなので再度の訪問です。「私はチャンボリ」でボリの師匠ソン・オクス先生の韓服店という設定なのですが、撮影時とは外観が随分と変わってしまいましたね~ 以前は店内に番組のポスターが貼られていましたが、外装を含めてリフォームしたようです。やっぱりロケ地には早く行かないと駄目ですね。

image

image

 そして、そのお店の向かい側にはジサンが住んでいるという設定だったアパートがあります。ただ、撮影時は反対側を写さないので別々の場所という設定なんでしょうね。

image

image

そして、この道路の奥にはボリとヘオク、ビダンが暮らす家があるという設定でした。一か所で何シーンも撮れるように良い場所を見つけるもんですね!

image

 ソン韓服店という設定だったお店から数十メートル離れたところにはもう一つのロケ地があるんです。これは、ジェファが上京したウォンスクと再会するカフェですね。

image

チャンボリロケ地を後にして次のロケ地へ向かう途中で弘大からずっと歩いて来た公園を横切ります。この公園は「京義線森の道公園」と言って、全長6kmにも渡って続く鉄道跡地公園です。途中には小川も流れていて散策にはピッタリですね。ソウルナビにも全てが完成したと記事になっていましたよ。

image

妻が、こういう場所は絶対にロケ地になるよね! と言っていましたが、帰国後に見た新しいドラマ早速見た事のある景色が映っていましたよ! そのシーンが映った瞬間に、あっ あそこだ! と二人で顔を見合わせてしまいました。すぐにドラマを止めて旅の写真と見比べてみると.... やっぱり大当たりでした。うーん、妻までロケ地マニアになっている......