駐車場で団体さんと別れ暫く休憩の後に残りのロケ地をチェックすることにしました。

IMG_8282

 本当に心地よい場所ですね〜 美しい景色を見ると去り難いです。

IMG_8472

 
image

 この裏手の出入口はヤン・ボンヒ(ハ・ジウォンさん)が恋人のチノに会うため街に出掛けるシーンや、子供たちの通園シーンなどが撮影されていました。

image

 裏門を外側から見たところです。

image

 ここはボンヒが街へ行くトラックに便乗させてもらう場所です。話があるギュシク(クォン・サンウさん)は慌てて追いかけて行きます。
image

 トラックは出発、やっと追いついたギュシクはトラックの荷台につかまりましたが足を引きずらてしまいます。何とか荷台によじのぼりそのまま街まで行ってしまうというシーンでしたね。また、この辺りではボンヒの叔父であるナム神父がマウルの電気工事までこなし、ギュシク、ソンダルを手伝わせて街灯を取り付けるシーンもありました。

image

 さて、そろそろ移動の時間です。去りがたいばしょではありますが、再び駅まで戻ってセマウル号、KTXを乗り継いでソウルまで行かなければなりません。とは言っても、どうやって駅まで戻るかは全く決めていませんでした。取り敢えず車のたくさん通る道まで行ってみましょう。
 バス停を発見しましたが、いつ来るかは全くわからない状態です。更にしばらく待ってみたもののタクシーもくる気配なし..... さあ困った。 最初は調べてあった飲食店に入り、昼食ついでにタクシーを呼んでもらおうと思っていたのですが、生憎のお休みです。向かい側にマートがあるのでここで思いつきました。買い物ついでにお店の方にお願いしてタクシーを呼んでもらう事に成功! 親切な店主さん ありがとうございました。こうして無事にタクシーに乗りあっという間に駅に戻ることが出来ました。良かった~

2004年の映画なのでなかなか今は見る機会が無いと思います。日本語字幕は有りませんがここで映画を見ることが出来ますので、気になる方はどうぞ。