烏竹軒が思った以上に見所が多くかなり時間が押してしまいました。これから後2ヶ所に行こうと思っているのですがちょっと怪しくなってきました。
一旦市内バスで振り出しのバスターミナルに戻りました。そこにある観光案内所で江陵統一公園について尋ねてみると、バスを乗り継いで行かなければ辿り着けない事がわかりました。しかも1時間に1本しか走っていないとのことです。運悪く2つ目に乗り継ぐバスは出たばかりです。
 ここまで来て諦める訳にはいかないので気を取り直して直ぐに来た1本目に乗り込みました。10分程で着いたのは街の繁華街です、このバス停に目的地行きが来るのはまだ40分も先ですよ!
考えてみたらまだ昼食を食べていないのでこの待ち時間に済ますのが良さそうです。目の前には丁度マックがあり好都合です。一応あと30分は来ないであろうバスをチェックしつつ窓際の席で遅い昼食を済ませました。
案の定、予定の5分前に到着したバスに慌てて乗り込みやっと出発です。
やがて海岸線沿いの道路に出たバスは鉄条網のフェンスに守られた道を南下します。スマホのマップで現在位置を確認してそろそろかなと思っていたところに次は統一公園とのアナウンスがありました。
ここだと思って降りようとしたらバスの技師さん(運転手)がここで降りるの?と不審そうな問いかけ。だって軍用機の展示も見えるし絶対此処だと思っていたのでネー(はい)と答えて下車しました。

そしてバスは遠ざかり、30秒後には あーやっちゃった ( ̄□ ̄;)!! 地図を見直すと行きたかった場所の一つ手前で降りちゃったようです。時すでに遅し、目の前にはどんよりと曇った空と東海(日本海)と鉄条網のフェンスだけ。
仕方がないので気を取り直し歩き始めます。暫くすると断崖の上に迷彩色の監視所が見え、そのずっと先に目的地らしい施設も見えてきました。こうして約20分ほど重い荷物を引きながらようやく到着しました‼


image

道路沿いには延々と続く鉄条網、ところどころに迷彩色の監視所があり海からの侵入者を見張っています。
image

ようやく到着した統一公園、ここには韓国領内で拿捕された北朝鮮の潜水艦と、韓国軍の退役軍艦が展示されています。
image

潜水艦は韓国領内で座礁しているのを発見され、銃撃戦になったそうですよ!
image


ここには大型のクレーン船で陸揚げされたんですね。
image

この軍艦はもともとアメリカ軍の船だったそうですが、退役後に韓国軍に提供されたそうです。

image

これは拿捕された時の写真でしょうか? こういうことがあるから海岸線に鉄条網フェンスと監視所が必要なんですね。いつ北の工作員が潜入してくるかわかりません。
image

ヘルメットを着けてから狭い艦内へ入ります。狭いので閉所恐怖症の人は無理かも知れないですね。私も息が詰まりそうな気がしました。
image

いざ艦内へ!
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

艦尾は座礁したときに大きく破損していますね。

image

image

image

潜水艦の脇にある詰所には普通に銃器が準備してあります。やっぱり休戦中の国ですね。

image

脱北者が乗ってきた木造船です。

image

このあとにもう1ヵ所いきたい場所があるので念のためバスの時間を調べると、やはり本数が少なすぎて断念するしかないようです。しかも戻るバスもあと15分で来てしまいます! 韓国軍の軍艦もじっくり見たいですが、今日中にソウルまで行くためには次のバスに乗るしか無さそうです。
残り10分で軍艦を駆け足見学します‼

image

image

image

image

image

image

image

image

さてここで時間切れのようです。あと5分で帰りのバスが来るので残念ながら終了します。後ろ髪を引かれる思いでバス停に行くと今度は時間通りに走って来ました。
さあ次はソウルまで行かなきゃ!