HDRi 修行中2

早いものでこのブログを開設してからアクセス総数4万を超えてしまいました。 最近は韓国旅専門ブログになってしまいましたが、時折その他の趣味情報や 自分が興味ある事柄に付いて書いていきたいと思っていますので今後とも 宜しくお願いします。

2014年01月

次の目的地に向かう途中で川を渡りました。あむさんに聞くと漢灘江(はんたんがん)という川で、川幅全体で数メートルの段差になっているところから韓国のナイアガラ(ミニ過ぎますが...)と呼ばれているそうです。このあたりは火山活動の影響で溶岩が多く、景観が美しいので ...

朝のワクワク感はどこへいってしまったのか... 戦争というのはそういう事なんだと改めて思い知らされました。 惨劇の舞台には紅葉が美しすぎて胸が苦しくなってしまいます。  ...

江原道で初の上水道施設としてはとても素晴らしいものでしたが、この施設にも恐ろしい過去があることを あむさんから教えて頂きました。先日ご紹介した労働党舎と同じく、この場所にも罪の無い人々が集められ、銃殺されたり貯水施設の中に生き埋めにされたり.....その数は300 ...

第一監理教会から次の目的地に向かいました。しばらく走ると あむさんの運転する車は細い砂利道に入って行きます。どこに行くんだろう?と思っていたら目の前の小高い丘に何か建っていますよ??ここは、鉄原がある江原道に一番最初に出来た上水道施設です。登録文化財第160 ...

鉄原を案内してもらっていて気付いたのは検問所や部隊の多さです。また、道路の要所では緊急時に道路を封鎖用のコンクリートブロックが目立っていました。検問所の近くでは写真を撮る事が出来ないので、脇道の切り通しにあった道路封鎖ブロックをじっくりと見学しました。迷 ...

登録文化財第23号の第一監理教会跡の隣には完成したばかりの新教会がありました。これは旧教会の外観に似せて造ったそうですよ。旧教会の写真が案内板にありましたので比べてみて下さい。  ...

朝鮮労働党舎、鉄原警察署のある場所から車ですぐのところに鉄原 第一監理教会跡がありました。この建物はアメリカの建築家ヴォーリズが設計したもので、日本が統治していた時代に日本や韓国内に幾つもの建築設計を手がけたそうです。このヴォーリズ氏、実は建築家でありなが ...

朝鮮労働党舎のすぐ隣には鉄原警察署跡がありました。ほとんど崩れた残骸がひとかたまりあるだけで、当時の形や大きさが全くわからない状態なのが残念ですね。 ...

朝鮮戦争当時の戦闘で建物はかなり破壊されていますが外観はかろうじて崩れずに残りました。しかし、かなり老朽化が進んでいて補強の柱を入れたり、壁の傷みを修復したりする為に定期的な工事は欠かせなくなっているようですね。以前は中にまで入って見学出来るように見学通 ...

京元線 白馬高地駅を出ると駅前駐車場には1人の女性が待っていてくれました。今日1日この鉄原を案内して下さる「あむさん」(ご自身のブログでのお名前)はこの地に住んでいらっしゃる日本人です。この土地の方と結婚されて、3人の可愛いお子さんを育てながら個人的に観光 ...

↑このページのトップヘ