HDRi 修行中2

2015年9月からHDRi写真だけでなく私の趣味全般の日記的なブログに変更します。 韓国を気ままに旅してロケ地やタルトンネを巡るのが大好きです。その他、PCやアウトドア関係の話題も書きますのでお楽しみに!

2013年07月

群山の日本式家屋の中で最も有名なのは「旧 広津家屋」でしょう。日本が統治していた時代(1925)に米穀商として財を築いた「広津吉三郎」が建てた木造二階建ての立派な建物です。現在は家や庭園を見学できるようになっていて、国内外の観光客が多数訪れていました。門を入る ...

ずいぶんとヨレヨレですが、日本人が残して行った家にそのまま住むというのはどういう気持ちなのでしょうか?歴史的なことは勉強不足でわかりませんが、自分の国に他国の人達が住み着き我が物顔にしていた時代の建物.... 何となく申し訳ない気分になってしまいます。  ...

群山には日本が統治していた時代にたくさんの日本人が住んでいたそうです。今でもその当時の家がたくさん残っていると聞いていたので、今回の旅では是非それを自分の眼で確認してみたいと思っていました。ハニルオク食堂の辺りはその日本式家屋が多いらしいので1軒ずつ見て ...

群山港の岸壁辺りを歩いていたら1軒の修理工場がありました。そのシャッターの前には船舶用と思われるエンジンが無惨な姿で放置されていました。きっと以前は目の前の海原を行き来していたのでしょう... でも、もうこれでは海に帰る事はできませんね。  ...

やっと朝食はここ!と決めたお店に到着しました。群山の街は人通りが少なく静かなところなのですが、このお店にだけはどこからとも無く人が集まり小さなお店に入って行きます。 店名は「ハニルオクシクタン」、看板メニューは「ムウクッ」(大根と牛肉のスープ)です。小さ ...

国の登録文化財第184号にしていされている長さ131mのトンネル「海望窟」(ヘマングル)です。このトンネルは日本が韓国を統治していた時代に、日本人によって当時の旧市街地と水産業の中心地だった海側を結ぶ為に作られたそうです。 ...

早朝からの雨があがり写真を撮り始めると同時に干物の乾燥網を持った人達が出て来ました。さっと専用の台をセットすると手際よく網が並べられていきます。この辺りには刺身屋さんが多くあり、そこで出されたり土産物になるのでしょうか? 美味しそうだなぁ... 今朝はまだ朝 ...

前日に清州の街歩きを終えた後、市外バスターミナルから港町「群山」まで移動してきました。この日も宿は予約していなかったので、群山バスターミナルの近くで宿を探しました。重い荷物を持っての宿探しに多少の不安はありましたが、到着してから30分後には部屋を確保してほ ...

清州 古印刷博物館をじっくり見学した後は市外バスターミナルまで戻って次の目的地「群山」へ向かいます。博物館からしばらく歩いて行くと「清州教会」 と書かれた煉瓦造りの大きな建物が見えて来ました。韓国の教会はどこに行っても立派ですね、信仰の深さが感じられます。 ...

↑このページのトップヘ